2017年08月11日

君の微笑みは

一番時間がそばにおいておいて、このような笑い話ではありません。私は精巧な少年のころ、愛情に対しての解読と自信、私にになりすぐあの人の愛情は甚だしいもの、長い年月が経過に二心はないもの、滄海さん畑あなたを伴って夜明けまでのもの。星が移り、愛情は2つの字が読めば読むほど愚かになり、鏡を拡大し、慧眼を擦。少年の自負軽はずみより今の鈍躊躇明るく多くにもかかわらず、少年は世の中の理解に愚か、物事の感触が覚悟で、しかしそれでは感じない兎の毛で突いたほど痛みの歳月がよく言えない。その後、私は経験が数え切れないほどいい日と悪い日に歩いたことがあって、平坦な道を乗り越えたでこぼこで、今、私は中に立って花の季節には、何を持って自分を救いたい、顔色一つ変えないの年。私には望めない白紙に毎日泣いて、絶望として叫ぶ私と考え、私の準備に負けて無抵抗。あなたは、あなたは、あなたはそれが淺い振り返ってほほえむ、それは私を馬鹿に半日の笑顔、私を高貴な魂が起こして、泣いた白紙にそれは生き生きとした色。あなたの姿は私の頭の中で編集して再編集して、複製して複製します。私に付き添って歩いたことが一つまた一つ星のない夜に歩いたことがあって、一つ又一つの雪の日に歩いたことがあって、ひとつは鋭い痛みの時……

ひとつ鉄筋コンクリート閉ざされた世界、軽はずみな吟醸香と音楽が上空に充満して。このように抑圧された街で歩いて、どうやら往来の車、にぎやかな人の流れ、街はひっきりなしに流れて、心もひっきりなしにノラ。その太陽に関係のある都市で、その片隅で町はあなたを撞着。あなたを眺めて、あなたを眺めて、一面の彩雲私から瞳翻って、なめらかによりも、雪よりも軽いし、春風に多情で、柔水よりも温もり。その時、私はいつも少し想像して、見た日突然靑が多くなった。あなたの感動に手を振って、私の心が沸いていることは疑いようがない、これは遇は天使、私の朝思暮引っ張って天使。

私はいつも、私は村の本の植物は、飛ぶ夢;私はいつも、私はあなたの前の1粒の醜石、水晶を備えないで、星の光もなく、想像を備えます;私はいつも、私は起伏して、小川の中にのあの靑山、もはや呼び覚ます柳たり……あなたに出会ってから、私の植物が夢で、私の石を想像し、私の眠りの靑山も起こして柳。よく考えたのは、きっと君の叡智を見て十分量がとてもあか抜けた。靑春の長い髪が、あなたの笑顔を開けた時、忐忐忑忑の俺は馬鹿半日、叡智と茶気化して煙が遠く消えて。天使の笑容に、凡人は唯一できるだけ自分を見失う……

今夜、この疲れ、真っ黒、空は蛍の光さえ見つからない。恐ろしいほどの夜、ことはできないが、文字や音楽を弔う私は乱れて堪えられない想い。あなたの笑顔を繙く、あなたが親切な笑顔を。頭の中のネガ、カットした再せん断、街のネオンがなくなった、喧噪も敛迹最後、あなただけは太陽より明晃の笑顔。この時間、私は耳にして夜を突き抜けるの花の咲く消息、私は普通の人の想像で無邪気であなたの最も簡単な思考にあなたを感じて。このように、私はあなたの理解と透明なほこり、考えはそのように鮮明に正確です……

覚えているあなたの住むところという橋が見えない、1基のちゃんと橋、ただ1本の波瀾は驚かしませの川が日夜に流れる。と感じていない少し殘念ですが、あなたが私に付き添って一緒に歩いてあぜ道を、まだ覚えてる道端の断片をいくつもの村、きれぎれに生えている何本高木。そこには一方池、静かに座って岸を楽しんで、真っ白なアヒルの芝居を起こし、幸せの味は心頭。その後、私は何度も考えて、私はあなたのあの川の尾の魚、あるいはあなたはその道のひらり蝶。私はあなたの川で楽しく泳いで、あなたの道は瀟洒と飛ぶように飛びます。今日、私はほこりだらけの旅行者は、孤独と愛着を持ってそっと退いてください……

この考えない食糧生命を育むの時代、私はますます懂得、生活はいつも少し苦い、少し喜びも、少ししようがない。今の日の中で、あなたの笑顔は私の生命の中で色褪せない記号、あなたの笑顔は私の生命の中のすべてのすばらしい。あなたはずっと笑って、ずっと私の心には、微笑んで、微笑んで。私は愚かな半日、また愚かな半日……


タグ :愛情

同じカテゴリー()の記事
 愛は彼女をよくかわいがって (2017-10-13 15:41)

Posted by laser at 10:50│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
君の微笑みは
    コメント(0)